DIASYS netmation

遠隔タービン振動診断

概要

このサービスはプラントメーカーとしてこれまでに納入した蒸気タービンに対し、長崎の遠隔支援センターから遠隔で振動解析を行うものです。

長崎では2000年9月に遠隔支援センターを開設し、これまでに火力発電プラント・風力発電設備及び船舶等の遠隔操作の実績があり、加えて、近年のインフラとしてのインターネット及び通信回線等のIT技術の急速な発達により、更なる付加価値を付けたサービスの提供が可能となりました。

収集した振動データからタービン技術者ならびに振動技術者による振動評価を行い、診断レポートを作成・発行するとともに、不適合の予兆監視及び設備運用向上を支援する新しいサービスを提供します。

特長

  • 専門家による診断・評価レポートの作成
    通信ネットワークを介して、お客様の蒸気タービンの振動及びプラント運転データを、遠隔支援センターのデータサーバに蓄積し、タービン技術者・運転技術者及び 振動技術者による解析及び診断を行い定期的に診断・評価レポートを発行します。
  • 迅速な異常処理対応
    定期的な診断・評価レポートとは別にタービン振動に異常が発生した場合、イベント処理として長崎造船所技術者にe-mailで自動で知らせることにより、迅速な異常処理対応が可能なシステムです。

遠隔監視イメージ

遠隔監視センター画像

遠隔監視センター

診断レポートの例

診断レポート

関連製品

製品・サービス

製品

品質保証・ISO9001

品質保証ロゴ

 

情報セキュリティ・ISO27001

ご相談・お問い合せ

メールでのお問い合せはこちら

このページは三菱日立パワーシステムズの許諾を得て作成しています。

このページに関する最新の情報につきましては、次のURL にてご確認ください。

https://www.mhps.com/products/category/diasys.html

このページの先頭へ