DIASYS netmation

オペレータステーション(OPS)

オペレーターステーション(OPS)の機能

イメージ:オペレーターステーション

オペレータステーション(OPS)は、プラントの操作及び監視を行う機能を提供します。
OPSには以下の機能があります。

  • グラフィック(系統図)表示
  • コントロールループプレート(操作器)
  • アラーム表示
  • トレンド表示
  • ロジック演算状態監視

グラフィック表示

グラフィックは設備の運転状態を表示する機能です。
設備全体または部分的な系統図を表示し、プロセス状態及びプロセス値をリアルタイム表示します。複数画面表示に対応しており、効率の良いオペレーションが可能です。
また、系統画面上の機器表示から関連するコントロールループプレートやロジック画面を表示することもでき、運転をサポートします。

グラフィック表示

コントロールループプレート

コントロールループプレートは、設備の画面上での機器の監視・操作を提供します。
設定値の変更、開度操作、開閉操作などを行う事ができます。操作後、実行キーを押すまでは出力されないため、誤動作を防止することができます。

コントロールループプレート

アラーム表示

DIASYS Netmationのアラームは、プラント及び制御監視システムの異常を迅速に運転員に伝えます。アラームは優先順位を15段階まで設定することが可能で、発生したイベントデータは160,000点まで蓄積され、参照することができます。
もちろん、発生したアラームからすぐに関連するロジックを呼び出すことができ、原因の特定をサポートします。

アラーム表示

トレンド表示

プロセスの変化をグラフ表示する機能です。
トレンド表示はドラッグアンドドロップで簡単にプロセスデータを画面に登録することができます。
トレンドには、時系列でプロセスデータを監視するトレンドグラフ、プロセスデータ間の相関関係を表示するX-Yトレンド、簡易的なプロセスデータ監視を表示するクイックトレンドの3種類があり、様々な解析を行う事ができます。

トレンド表示
  • の他のトレンド
その他のトレンド表示

ロジック演算状態監視

OPSの画面上でMPS(プロセスステーション)/CPS(コンパクトプロセスステーション)で実行しているロジック演算状態の監視や、パラメータの調整を行う事ができます。

ロジック演算状態監視

仕様

OPSのハードウェア仕様は以下の通りです。
PCのご利用は長期保守対応工業用PC(PCLTM31)を推奨します。

項目 仕様
CPU Pentium 4 1.5GHz以上
メモリ 1GB以上
ハードディスク 80GB以上
解像度 1280×1024
OS Windows NT 4.0 workstation
Windows 2000
Windows XP
Windows 7

カタログダウンロード

Get Adobe Readerのアイコン AdobeReaderのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

製品・サービス

製品

品質保証・ISO9001

品質保証ロゴ

 

情報セキュリティ・ISO27001

ご相談・お問い合せ

メールでのお問い合せはこちら

このページは三菱日立パワーシステムズの許諾を得て作成しています。

このページに関する最新の情報につきましては、次のURL にてご確認ください。

https://www.mhps.com/products/category/diasys.html

このページの先頭へ