DIASYS netmation

プロセスステーション(MPS)

プロセスステーション(MPS)

MPS写真

DIASYS Netmationのプロセスステーション(MPS)は、制御演算、現場との入切処理を行うコントローラです。
制御に対する信頼性や制御性を確保するためのこだわりが随所に活かされています。

システム、ハードウェアに至るまで高信頼性を確保

CPU演算処理部、電源及びネットワークの冗長化を図り、システムの信頼性を確保しています。また、ハードウェア異常・ソフトウェア異常を検知する確実な自己診断機能をもっています。

冗長化イメージ

CPUは一方を制御、他方を待機するホットスタンバイ方式で冗長化されています。制御系CPUの演算結果により対象の制御を行います。待機系は制御系からのデータを一定周期で受け取り (トラッキング)、常に制御系と同一の演算結果を保持して切り替えに備えています。

お客様のご要望に合わせた柔軟なシステム構成が可能

充実したハードウェアラインアップにより、様々な用途に応じた構成に対応することができます。また、PLC(Programmable Logic Controller)や各種Fieldbusとも接続することが可能で、既存の設備を維持したまま統合制御を実現し、コスト低減をサポートします。

システム構成図

設備運転を優先しながらのメンテナンス

入出力モジュールが万が一故障したとしても、設備を止めること無く交換することが可能です。また、制御ロジックやグラフィック、パラメータ値を変更したい場合も、変更部分以外に影響を与えず、稼働中のMPSを止めることなく変更することができます。
お客様のご都合に合わせた設備運転を実現することができます。

オンラインロード及び活線挿抜

カード・モジュールラインアップ

MPSのカード・モジュールラインアップは以下の各ページをご覧ください。

カタログダウンロード

Get Adobe Readerのアイコン AdobeReaderのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

製品・サービス

製品

品質保証・ISO9001

品質保証ロゴ

 

情報セキュリティ・ISO27001

ご相談・お問い合せ

メールでのお問い合せはこちら

このページは三菱日立パワーシステムズの許諾を得て作成しています。

このページに関する最新の情報につきましては、次のURL にてご確認ください。

https://www.mhps.com/products/category/diasys.html

このページの先頭へ