DIASYS netmation

IR-S型赤外線式火炎検出器

概要

近年、ボイラ燃料の多様化と低NOx(窒素酸化物)運転に伴い、紫外線や赤外線による従来の検出方式では、バーナ火炎の監視が困難な状況になってきました。
このような環境の変化に対応して、従来のIR型火炎検出器を改良し、「検出の信頼性」「保守性」「経済性」に優れた新しいタイプの火炎検出器「IR-S型赤外線火炎検出器」を製品化しました。

IR-S型赤外線式火炎検出器は、火炎光をライトガイド(光ファイバ)によって赤外線センサ(半導体素子)に伝送し、赤外線強度の「平均値」と「変化分」を検出することで、バーナ火炎と炉壁の赤熱による赤外線量とを識別し、バーナ着火ゾーンの火炎ゆらぎを検出します。
これによって、低輝度レベルの検出感度とダイナミックレンジを大幅に改善し、ガス、重油、石炭など各種燃料への適用が可能となりました。

IR-S型赤外線火炎検出器は新開発のセンサ回路により、ボイラの確実な火炎監視を実現します。

使用範囲

従来の火炎検出器を換装する場合、既存の機器を流用することができます。

機器名称 既設火炎検出方式
UV型 IR型
センサ本体 換装 換装
火炎検出器盤 換装 換装
センサケーブル 流用 換装
ガイドパイプ 流用 流用
冷却空気配管 流用 流用
冷却空気ファン 流用 流用

特長

  • 高感度設計
    新設計のセンサー回路でバーナ火炎を安定検出。未着火ゾーンを透して火炎を検出します。
  • 検出範囲拡大
    緩慢燃焼から高輝度炎まで安定検出する、従来製品の100倍のダイナミックレンジを有し、現場センサの感度調整が不要です。
  • メンテナンスフリー
    ボールレンズの採用によりセンサ窓の清掃が不要となりました。
  • 長寿命センサ
    長寿命な半導体の赤外線センサ素子採用により、定期的な交換が不要です。
  • 盤面数の削減
    デテクタユニットは省スペース設計とし、盤1面で40コーナーを収容できます。
  • ボイラ設備の流用
    換装工事では、ボイラ本体の工事は不要です。
  • ケーブルの流用
    センサと盤間のケーブル換装は不要です。(既設がUVの場合)

システム構成

火炎検出盤

火炎検出器盤外観火炎検出器盤

フレームディテクタユニットフレームディテクタユニット

フレームディテクタ本体

フレームディテクタ本体の図

重油バーナの例

重油バーナの場合、次のような例となります。

重油バーナの例

仕様

センサ本体

センサ本体の仕様は下記の通りとなります。

項目 仕様
形式 防爆(Exd II BT4)、防水形
寸法 全長 任意
ガイドパイプ 50A(40A)
検出波長 500~1100nm
許容温度 デテクタヘッド部 温度200℃以下とする
冷却空気 温度 60℃以下
圧力 炉内圧+1.5kPa以上
流量 1本当たり1.0Nm3/min以上
(ファン容量については、引抜き点検時を考慮し、1本当たり1.5Nm3/minで計画のこと)

火炎検出器盤

火炎検出器盤の仕様は下記の通りとなります。

項目 仕様
形式 屋内閉鎖自立型、前背面扉付
寸法 2,300mm(H)×810mm(W)×800mm(D)
構成 フレームデテクタユニット
電源ユニット(2重化)
端子台ユニット
出力信号 火炎あり 1a
輝度レベル低 1a
電源喪失 1b
接点要領 AC/DC 48V、1.25A
周囲温度 0~+50℃

関連製品

製品・サービス

製品

品質保証・ISO9001

品質保証ロゴ

 

情報セキュリティ・ISO27001

ご相談・お問い合せ

メールでのお問い合せはこちら

このページは三菱日立パワーシステムズの許諾を得て作成しています。

このページに関する最新の情報につきましては、次のURL にてご確認ください。

https://www.mhps.com/products/category/diasys.html

このページの先頭へ