DIASYS netmation

コンパクトプロセスステーション(CPS)

コンパクトプロセスステーション(CPS)

CPS写真

DIASYS Netmationのコンパクトプロセスステーション(CPS)は、DINレール上に設置可能な制御演算、現場との入切処理を行うコントローラです。
プロセスステーション(MPS)のようなCPUシャーシは不要で、シングル構成・2重化構成のどちらにも対応することができます。コンパクトなこの装置は、設備管理システムやパッケージボイラ等の小規模システムに最適です。

DCSの特長はそのままに、PLCと同等の価格・サイズへ

PLC(Programmable Logic Controller)では物足りない―
DCS(Distributed Control System:分散型制御システム)は大きすぎる―

そんなご要望に応えるため、DIASYS Netmationの特長はそのままに、PLC(シーケンサ)並みの小型化を実現したのが、CPSです。
オペレータステーション(OPS)からの監視は勿論のこと、保守ツール(EMS)からのメンテナンス、制御ロジックの変更、アクセサリーステーション(ACS)でのデータログ収集まで、MPS同様に接続する事ができます。

システム構成図

柔軟に対応可能なシステム構成

CPSのI/Oモジュールは、必要に応じて簡単に追加することができます。
CPS1台につき、拡張アダプタを使用することで最大40モジュールまで利用可能です。
また、AllenBradley社のFLEX I/Oを介して各モジュールを接続しているため、DIASYS NetmationのI/Oモジュールだけではなく、RockwellAutomation社のモジュールも使用することができます。

システム構成

また、万が一モジュールが故障しても、MPS同様に電源投入中の交換が可能で、設備のダウンタイムを軽減します。

カード・モジュールラインアップ

CPSのモジュールラインアップは以下の各ページをご覧ください。

カタログダウンロード

Get Adobe Readerのアイコン AdobeReaderのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

製品・サービス

製品

品質保証・ISO9001

品質保証ロゴ

 

情報セキュリティ・ISO27001

ご相談・お問い合せ

メールでのお問い合せはこちら

このページは三菱日立パワーシステムズの許諾を得て作成しています。

このページに関する最新の情報につきましては、次のURL にてご確認ください。

https://www.mhps.com/products/category/diasys.html

このページの先頭へ