DIASYS netmation

某社ビル受変電設備監視システム

概要

このシステムは、某社本社ビルの受変電設備の電力監視を始めとした、空調・照明設備やエレベータなどの監視操作を行い、総合的なビル管理を実現しています。
また防災設備の管理も行っており、災害発生時の安全なビル管理の手助けもしています。

導入背景・課題

本システムは、他社と協業を進めてきたビル管理システムとして、初めて大規模なビルに導入されたものです。
電力設備だけでなく、空調設備やエレベータなど、統合的なビル管理としての機能性から採用されました。

導入成果・効果

本システムの導入により、災害発生時の複雑な停復電制御への対応や、照明機器の自動制御による省エネルギー化が可能となりました。
また、自由なシステム改修性により、運用後のメンテナンスも容易になりました。

システム構成

システム構成図

機能紹介

監視操作機能

  • BACnet連携
    他社製HIMとBACnet通信で連携し、HIM(注)で一括して監視、操作を行います。

BACnetとは
Building Automation and Control Networkの略で、BA(Building Automation)と制御ネットワークのために標準化された通信プロトコルです。 (注)Human Interface Machineの略。HMI(Human Machine Interface)とも呼びます。

  • 停復電制御
    停電発生時に遮断器の遮断、ならびに優先度に応じた機器の遮断制御を行います。
    また、復電時には遮断器の投入、ならびに機器の再投入を行います。
  • グループ発停制御
    あらかじめ登録したグループ単位で、発停制御される機器を操作することができます。
  • アラーム表示
    機器の異常が発生した際、監視画面上にリアルタイムでアラームを表示し、異常の早期発見を手助けします。
    また、機器ごとのアラーム発生・復帰履歴の表示が可能です。
アラーム表示
  • トレンド表示
    機器の運転状況や異常信号をトレンドで管理します。
    最大24時間幅のリアルタイムトレンドと、最大30日間幅のヒストリカルトレンドでの表示が可能です。
トレンド表示

経営支援機能

  • 帳票
    機器から収集したデータを日報・月報・年報で管理します。
    また、定時印字、お客様要求による印字が可能で、瞬時値、区間平均・最大・最小、積算差分、オン・オフ時間積算が可能です。
帳票機能

関連製品

カタログダウンロード

Get Adobe Readerのアイコン AdobeReaderのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

製品・サービス

製品

品質保証・ISO9001

品質保証ロゴ

 

情報セキュリティ・ISO27001

ご相談・お問い合せ

メールでのお問い合せはこちら

このページは三菱日立パワーシステムズの許諾を得て作成しています。

このページに関する最新の情報につきましては、次のURL にてご確認ください。

https://www.mhps.com/products/category/diasys.html

このページの先頭へ