CSR活動

コンプライアンス指針

今、企業には、環境への配慮や社会貢献だけでなく、コンプライアンスが強く求められています。コンプライアンスは、一般に「法令遵守」と訳されていますが、今日では法令の遵守だけでなく社内規定や道徳・倫理を含めた社会規範の遵守を意味しています。

当社では、「法を遵守し、社会のルールに則して行動する」ことを実践するために、コンプライアンスの行動指針を以下に定め、すべての従業員に対し、高いコンプライアンス意識を持って自立的に行動することを求めます。

I 事業活動

当社は、事業を通じて社会に貢献するとともに、適法、適正にして良識ある企業活動を行う。

  1. 事業活動にあたっては、独占禁止法を遵守し公正で自由な企業間競争を行うとともに、下請法、建設業法等の諸法令を遵守する。
  2. 文書及び個人・顧客情報を適切に管理し、正当な理由なく他に漏らさない。
  3. 公務員、取引先との贈答接待等は、法令に違反したり社会通念の範囲を逸脱して行わない。
  4. 会計・税務処理を関連法令、会計基準、社内規定に従い適正に行う。
  5. 外国との取引にあたり、輸出入に関する法令や現地の法令を遵守する。

II 会社と社会の関係

当社は環境保全等に努め、良き企業市民として社会と共生していく。

  1. 環境に関する法令を遵守し、環境保全に努める。
  2. 経営に関する情報を適時適切に開示する。
  3. 反社会的勢力には毅然とした対応を行う。

III 会社と社員との関係

会社は安全で健康的な職場環境を確保する一方、社員は公私の別を明らかにし、法令や社内規則を遵守して職務を誠実に遂行する。

  1. 会社は労働関係法令を遵守し、安全で健康的な職場環境の確保に努める。
  2. 就業規則等の社内規則を遵守する。
  3. 差別的取り扱いや性的嫌がらせを行わない。
  4. 企業秘密を適切に管理し、無断で開示しない。

このページの先頭へ